フライで鯉を釣る
最終更新日

メニュー
どうしてフライで釣れるの?
どんなところで釣れるのか?
どんなところでコイを釣るのか
どんな釣り方でコイを釣るのか
どんなフライでコイを釣るのか
Chubby-Silkの作り方
Chubby-Miniの作り方
Chubby-Vの作り方
Chubby-Flatの作り方
Shock-panの作り方
Shock-pan:Mimiの作り方
Floster [R]の作り方
Floater [F]の作り方
過去のデータと最新の釣果
コイの他に何が釣れるのか
釣れない理由は色々ある
多摩川でコイを釣るポイント
全国から頂いた鯉釣り情報
釣り上げたコイのデータ-1:口の掛かり位置
釣り上げたコイのデータ-2:場所による違い
釣り上げたコイのデータ-3:こんなに傷んでいる
釣り上げたコイのデータ-4:釣りに要した時間は
河原で見つけた花や鳥達
多摩川を空から見てみよう
多摩川の遊漁規則
皆さんから頂いた写真集
皆さんから頂いたデータ集
鯉釣りに関した最近の状況
HP更新状況
多摩川のライブ情報
鯉釣りのデータを下さい
トップページに戻る
[ドライで鱒を釣る]のページへ
Top-1
Top image
Q-chan の作り方
カウンター

DATA
Chubby Q-chan
Hook: チヌ(DUEL/Misaki/Maruto etc.)1号
Body: Mole Yarn (Milky white)
Inside Thread: Acrylic Yarn (Medium Thickness)
Floater: Original Floater (Tan or White:φ7.0mm x 5.0mm)
Chubby Q-chan
1 1 1 1
1:7mmの太さのEVAスポンジを5mmの長さに切る。 2:仕上がりの見た目を良くするために、角を斜めにハサミで切る。 3:斜めに切った方の中心に、千枚通しで穴を開ける。 4:開けた穴にベラ針(タッピ)の一番細いのを差し込み反対側に貫通させる。
1 1 1 1
5:先端のフックにアクリル毛糸を引っ掛け、ベラを閉じて引き抜く。先端が出たら毛糸を引き戻し、フローターから6〜7mm程度残るようにする。 6:先端の根元に瞬間接着剤を少し染み込ませ、そのままフローターの中に引き込む。接着剤を付けたところが反対側に出ないようにしてフローターを押さえて止める。 7:先端に残っている端をハサミでカット。 8:アクリル毛糸を2cm程残して切る。これでフローターが完成。後はこれをフックに取り付け、モールヤーンを根元に巻き付けるだけ。
1 1 1 5
9:フックにスレッドを下巻きする。ゲープのカーブが始まるところまでしっかり巻く。 10:フローターの根元から2mm位の所を、シャンクの中央に止める。そのままゲイプ側を数回巻いて固定し、余りをカットする。 11:切り口の毛糸をスレッドでつぶすように巻いてスレッドをフローターの根元に戻す。 12:モールヤーンの端をフローターの根元のシャンクにスレッドを数回巻いてしっかり止める。
1 1 1 1
13:スレッドをシャンクに巻きながら、アイの側に移動する。モールの最後をここに止めるため。 14:モールをフローターの軸のアクリル毛糸に巻き付ける。緩まないようにきつくしっかり巻き付ける。 15:2回ほど巻き付けた後仕上がりのボリュームに合わせて残りの巻きの回数を調整する(全部で3〜4回)。最後はできるだけ上側に巻く。 16:必要な回数を巻き終えたら、アイの根元に止める。モールを引っ張ったままハサミを差し込み、モールの芯糸を切る。
1 1 1 1
17:切り口に残っているモールの止まっていない毛を引き抜き、スレッドより前に出ている毛もハサミでカットする。 18:スレッドから前のモールをつぶすように巻いて切り口を止める。 19:アイの根元でフィニッシュ。巻の回数によっては後ろ側でフィニッシュしてもいい。 20:完成です。
1 1 1 1
21:前から見るとこんなスタイル。ゲープがしっかりキープされている。

22:フローターの色は濃くない色がいいが、まだ白とTanしかテストしていない。どちらも全く問題なし。

23:トップが [P-chan] で
真ん中がマス用の [Q-chan]
見難い色はトップにインディケータが付いている。 下がコイ用 [Chubby Q-chan]
24:水中姿勢。フローターが僅かに水面に出る程度なので、ちょっと見難いかな?
見難いと思う人はフローターを少し長目にするといいよ。



Chubby-Silkへ
Chubby-Silk
Chubby-Miniへ
Chubby-Mini
Chubby-Vへ
Chubby-V
Chubby-Miniへ
Chubby-Flat
Shock-panへ
Shock-pan
Turtleへ
Shock-pan
Mimi
戻る Original Floaterへ
Floter [R]
Original Floaterへ
Floater [F]

To Page Top
サイトマップへ
Copyright © 2014 Katsumasa Fujita